本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士を取得するメリット

精神保健福祉士の資格を持っている女性

精神保健福祉士ならではのメリット・有利なことってあるのでしょうか?

就職に有利

精神保健福祉士は国家資格ではありますが、名称独占の国家資格として知られています。わかりやすくゆうと、この資格を持っていなければ行うことのできない業務というものは存在していないのです。

しかしながら、何らかの形で精神保健分野で働くのであればこの資格は非常に役立ちます。

医療機関とは専門職の集まりであるという特殊な環境ですので、自分の専門性を明確にする資格を持っているということは大きなメリットになります。

精神保健福祉士は病院によっては、一人の患者をサポートする医療チームの一員としてその専門的や役割を担うことになる場合もある専門職です。

精神保健福祉士としての専門性に期待をして、雇用する医療機関も多くありますので、就職の際に有利(メリット)がある場合もあります。

医療機関以外にも福祉センターなどには精神保健福祉士を配置する目標が存在している場合も多く、そのニーズは高まっていて今後ますます必要とされる職業です。。



福祉の専門職

この様に有利な扱いを受ける場合がある背景としては、福祉職としての専門性が必要になる場面が少なからず存在しているということが関係しています。

病院等の医療機関では、患者の治療こそ重点を置くべき課題であると言えますが、回復に向かって社会復帰を目指そうとする場合に、どのように自立に向けて活動していけばよいのか、そのための病院外の社会資源にはどのようなものがあるのか、といった内容について熟知した医療の専門家というものはそれほど多くありません。

医療機関などに福祉職を配置する背景には、病気に症状の回復後にスムーズに社会復帰するための道しるべとなる役割を、期待されているケースが多いのです。

精神保健福祉士は精神保健分野に特化した福祉職としてその存在が知られています。そのため精神保健分野に限って大きな需要が存在していると言えるのです。

ダブル資格もお薦め!

同じ福祉職としての国家資格には、社会福祉士と呼ばれる別の専門職も存在しています。精神保健分野で活動を目指しているのであればダブルで取得したいお勧めの資格です。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!