⇒通信制大学を徹底比較しました。

精神保健福祉士(PSW)と社会福祉士の類似点とは?

精神保健福祉士は別名PSWと言い、精神保健領域で活躍している福祉の専門家としてその存在が知られています。

この精神保健福祉士は名称独占の国家資格として知られており、全国の精神科の病院や福祉施設などで活躍しています。

以下、社会福祉士との類似点をご説明!

⇒社会福祉士の通信大学の比較はこちら!合格率・学費・スクーリングをわかりやすく比較しました。

社会福祉士と精神保健福祉士の類似点

その様なPSWに類似した職種として社会福祉士(国家資格)と呼ばれる職種が存在しています。

この社会福祉士も精神保健福祉士と同じく福祉分野の専門職として広く活躍しています。

これらの特徴としては同じ福祉学をベースとしたノウハウを生かした個別相談を行う点が類似点として知られており、似ている職種としても知られています。

しかしながら、精神保健福祉士(PSW)は精神保健分野の専門職として社会福祉士とは異なる専門性を有していると言えます。

PSWはその名称からも分かるように、精神保健分野ならではの問題についても深く理解しており、知識を豊富に持ち合わせているのが特徴です。

どちらも国家資格ですが、精神保健分野で働いているPSWの中には社会福祉士資格等とのダブルライセンスになっている人も少なからず存在しています。

⇒精神保健福祉士と社会福祉士のダブル受験するメリットとデメリット!

この精神保健福祉士は、他の医療技術職とは異なり疾病や障害に対して直接的に治療的役割を担うことはありません。

精神的な疾病により困難を生じている人の困難を解決するため、何らかの方法を本人と一緒になって考える仕事です。

現代社会に存在しているあらゆる社会資源を理解し、それらに上手に人をつなげていくことによって、問題の解決の一助となろうとするのがPSWの役割です。

この専門性は社会福祉士の持っている専門性と共通しますが、精神保健福祉士は精神保健分野に特化した知識や経験を十分に持っているということを対外的に示す専門職であるということが特徴として挙げられます。