本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士とは?

パソコンに向かい仕事をしている女性

精神保健福祉士とは、精神保健福祉士法によって定められた国家資格です。PSW(精神科ソーシャルワーカー)と呼ばれる専門職で、社会福祉士や介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格になります。

主な仕事内容

精神障害者は、今まで病院で治療を受けても、社会復帰するには様々な困難がともないました。そこで、そのような人々をサポートし社会復帰を果たせるように支援する目的で生まれたのが精神保健福祉士です。

主に、精神科のある医療機関や精神障害者の社会復帰を支援する施設などで、精神障害者の保健や福祉に関する専門的な知識を駆使して、彼らに適切なアドバイスをしたり、サポートしたりするのが主な仕事です。


勤務先によって仕事内容はさまざま

総合病院の精神科や精神病院などの医療機関で働くことが多いですが、自治体の福祉施設や生活支援施設で日常生活の支援や就労支援を行うこともあります。

最近では、一般の企業や教育機関が定期的に精神保健福祉士への相談の場を設けることも増えてきました。

勤務先によって具体的な仕事内容は異なりますが、病院などの医療機関では、医師や臨床心理士、看護師とチームを組んでケアに当たることが多くなります。

入院期間中、精神障害者やその家族から相談を受け、それに対して適切なアドバイスをしたり、日常生活をスムーズに送れるように訓練を行うなどのサポートをします。家族や関係機関との連絡や調整をするのも業務の一つになります。

また、行政機関へ提出する書類の記入をサポートしたり、給付金などの情報提供も行います。

資格取得方法

精神保健福祉士の資格を取得するためには、国が定める国家試験「精神保健福祉士国家試験」に合格する必要があります。この試験を受けるには、受験資格を満たさなければなりません。

受験資格は、大学等で指定科目を履修し卒業する(卒業見込みも含む)、短大等で指定科目を履修し、卒業して1〜2年の実務経験を積む、指定の養成施設を卒業(修了)する(卒業(修了)見込みも含む)などで得ることができます。

受験資格の取得方法はコチラ


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!