本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには

ストレス耐性が無くても精神保健福祉士になれる?

ストレスいっぱいで悩みを抱えている人

国家資格

精神保健福祉士は国家資格です。この資格は名称独占の資格であり、定められたカリキュラムを修了してから試験を受験し、合格することが出来れば精神保健福祉士を名乗ることが出来るようになります。

この資格は精神保健分野の福祉専門職という位置づけの国家資格であり、現代社会にある様々な社会資源を活用して如何にして目の前の困っている人のサポートをすることが出来るかを考える仕事であると言えます。


主な職場は医療機関

この職業は医療機関においてよく見ることが出来る専門職です。特に精神保健分野を担当する精神科に勤務する人が多くなっています。

その活動はいわゆる相談活動以外にも多岐にわたり、医療機関の中だけでも非常に様々な活躍をしています。 この種類の活動を行う専門職に対して専門性はメンタルヘルスであると考えている人は少なくありません。

ストレス耐性

そのためさぞかしストレス耐性の高い人であるのだろうというイメージを持っている人も少なくありません。しかし精神保健福祉士の専門性は社会制度に対する知識や経験であり、個人的なストレス耐性が影響する種類の仕事ではありません。

もちろん個人的なストレス耐性が高いに越したことはありませんが、それは職業的な専門性とは切り離された個人の特性であると言えます。従って精神保健福祉士に必須の特性であるとは言えません。

専門職の多くがそうであるように、精神保健福祉士の専門性も知識や技術、経験であり持って生まれた人間的な特性で行うものではありません。

そのため向き不向きの程度はあるとしても、その様な個性によって精神保健福祉士を目指すこと自体が不可能になるほど重大な影響を及ぼすものではありません。

病的なほどにストレスに弱いなどの特性を持っているのであればまた話は変わってきますが、精神保健の専門家として働く際にのみ問題になる特性というものがあるのではないと理解しておくのが良いでしょう。

ただし、精神科に限らず多くの職場では精神的な健康が求められることになります。 適度にストレス発散して楽しく働けるのが理想ですよね。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!