本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには

精神科チーム医療の中での精神保健福祉士の役割

チーム医療

現在の精神科医療では、チーム医療と呼ばれる仕組みで一人の患者に複数の専門性を持つ医療スタッフが関わる仕組みを採用しています。

そのチームには医療機関ごとに様々な特徴が存在していますが、多くの場合医師を中心として看護師などがサポートする関係が構築されています。

精神科医療においてもこの仕組みは基本的に同じですが、精神科ならではの要素として、医療の枠組みの外に戻った際に一人で生活していくことが出来るように必要な支援を行うことも求められる場合があります。


精神科のチーム医療での精神保健福祉士の役割

その様な際に精神保健福祉士は重要な役割を果たすことになります。

患者の治療の直接的にかかわる医師や看護師と精神保健福祉士の視点は異なります。精神保健福祉士も治療を行う医療メンバーの一人ではありますが、その視点は目の前の今を改善するだけではなく、先を見据えた支援が求められるのです。

これは精神保健福祉士の役割が治療者ではなく、福祉の担い手としての役割が大きいことに関連しています。医療チームのサポートで社会復帰することが出来る状況まで症状を改善させることに成功した後は、実際に社会復帰する際に少しでもスムーズに物事が進むようにサポートすることが非常に重要なのです。

この様な役割を担うことが出来る専門職としては、チーム医療の担い手の枠組みは広いとは言っても福祉職である精神保健福祉士に勝るスタッフはいないものです。

この様な役割を求められる形でチーム医療の一員として加わることがあります。そのため活動の場も病棟や治療の場である外来よりも社会復帰を目指すための施設の一つである援護寮やデイケアなどの施設運営に深く関与しているケースが多くなっています。

この様な治療後の支援施設においては一人一人と密接なかかわりあいをすることが求められており、各種相談に応じる為のノウハウや知識を持ち合わせている精神保健福祉士の活躍の場は、これまでよりもずっと広く広がっていると言えます。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!