本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士の仕事は産休、育休取得可能?

赤ちゃん

医療系の職種である精神保健福祉士には女性の有資格者も数多く存在しています。その人生の中では多くの女性と同じように、出産に伴う産休や育休を必要とする場合もあり得ます。

産休・育休を取得することが出来るかどうかは、勤めている職場の規定による場合が非常に大きいと言えますが、正規雇用をされているのであれば多くの場合で産休などの休みを取得することが出来ます。


公務員であれば、この様な休みを取得するというのは容易であると言えますが、民間の場合には勤務先の考え方次第であるというケースが多いと言えます。

精神保健福祉士の主な業務は福祉関係の相談ですので、勤務する施設の規模によっては一人職場のことも多いと言えます。そのため精神保健福祉士としての代替要員の確保が難しい場合には、雇用解除となる仕組みを採用している場合もあるのです。

長く働くことによって、職場から信頼を勝ち取っている場合などにおいては、育休終了後に戻ってくることを前提とした、産休や育休の代替職員という名目で採用活動を行うケースも珍しくありません。

しかしこのような仕組みを採用できる職場の多くは公的機関です。 国の目指す方向性は産休や育休が取れる職場環境ですので、多くの職場が対応できるように努力をしていると言えます。

しかしながら民間の施設を中心として、様々な事情から満足のいく休みの取得が難しいというケースもあります。一般的に非正規雇用の場合にはその様な対応を期待することは難しいと言えるでしょう。

この問題をクリアするためには個人的な評価を高めて置き、戻ってきてほしい人材であり続けることが一つの対応策となりますが、それでも勤務先次第の問題であると言えます。

そのため産休・育休を満足のいく形で取得したいと考えているのであれば、福利厚生がしっかりしている職場を探すようにしなくてはなりません。制度が確立して動いている職場であれば、安心して働くことが出来ると言えます。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!