本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには

産業分野での精神保健福祉士の仕事

コピーを頼まれてパニックの女性

近年になって医療機関以外の場所で活躍の場を広げる医療専門職が増えています。特に産業分野では看護師や保健師が昔から活動していますが、産業現場の様々な問題を解決するために精神保健福祉士の活躍の場も徐々に広がりつつあります。

精神保健福祉士という職業は精神保健分野での福祉専門職としての活動が主なものです。病院などで相談業務に携わる人も多いですし、地域の保健センターなどで活動をする精神保健福祉士も少なくありません。

その仕事内容は非常に幅広く、その活躍の場は医療機関の枠を超えて現在も広まりつつあります。 そんな精神保健福祉士は産業の現場に関与する倍もあります。

看護師や保健師の様に産業保健スタッフとして直接一般企業に雇用されるケースは極めて稀ですが、一般企業にとっての外部機関としてメンタルヘルス対策という幅広いプランを提供してくれるEAP企業などに活躍の場が設けられている場合があります。


EAP企業は従業員を支援するサービスを包括的に提供数ることを目的としているサービスであり、最近ではメンタルヘルス関連の問題にも深く切り込んでくるようになっています。

この様なメンタルへルス疾患や関連する問題についてのノウハウを持っている企業は非常に少ないため、専門的な対応をするために専門職が求められているのです。

2015年12月から施行されたストレスチェックは50人以上の従業員を抱える企業に対して、メンタルヘルス対策としてのセルフチェックを義務付ける制度です。この活動の責任者である実施者には産業医が適任であるとされていますが、保健師や精神保健福祉士もなることが法的に認められています。

そのため精神保健福祉士が企業向けの活動ではっきりとした立ち位置を得ることがすでにできているのです。広く企業に対するサポートといった内容活動を商品とするEAP企業などで活躍する専門職として、近年非常に注目されるようになってきています。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!