本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには?

精神保健福祉士に求められるものとは

病室

精神保健福祉士(精神科ソーシャルワーカー)は医療機関をはじめとする精神保健分野の様々なサービスを提供している施設等で活躍する福祉の専門職です。

医療機関には治療に従事する様々な専門家が存在していますが、精神疾患や障害などを抱えている人が生活をしていくためには、その様な病気や障害からの回復だけでは不足であり、社会生活に適応していくための様々な社会的サポートが必要であるという認識が強まっています。

精神保健福祉士はその様なニーズが高まっている精神保健分野で、病気や障害を抱える人が過ごしやすい社会を実現するために様々な活動を行うことが期待されている専門職です。


精神保健福祉士は国家資格として社会に根付いています。この資格を取得するためには専門の養成機関を卒業して国家試験を受けることが必須です。そのためまずは国家試験の受験資格を取得することが大切になります。

その上で国家試験に合格すれば精神保健福祉士を名乗るための条件は整います。

しかしながら精神保健分野の福祉職として求められることは資格を持っているという事実以外にも様々なことが求められるのです。

資格を持っていることは、その様なニーズを満たすために必要な知識や技術を持ち合わせていることを対外的に示すものであると考えるようにしなければなりません。

精神保健福祉士に求められるのは福祉に関する専門知識です。それは制度であり、社会的な資源のことを意味します。これらのものは毎年のように変化する仕組みがありますので、資格を取得したからと言って学び続けることをやめてしまっては求められる活動の継続は困難となります。

福祉の専門職である以上、自分の専門分野については誰よりも詳しく理解しているという姿勢が必要であり、その様な期待に応えることが出来るだけの知識と経験が求められています。

そのため精神保健福祉士を名乗るのであれば、常に学び続けることで最新の情報を提供することが出来るだけの準備をしておくことが大切なのです。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!