本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには?

精神保健福祉士の資格に更新はある?

たくさんの書籍と女性

一生ものの国家資格

世の中には実に様々な国家資格が存在していますが、精神保健分野で活躍している福祉職である精神保健福祉士もその一つとして知られています。

精神保健福祉士は、例えば医療機関であれば精神科などの診療科目で相談業務を行うなどの役割を担っている専門職であるという特徴を持つ国家資格の一つですが、受験資格を取得して国家試験に合格すれば基本的には一生ものの資格であると言えます。


更新制ではないけれど

いわゆる更新制は採用されておらず、一度精神保健福祉士として登録されればその登録は維持されます。

しかしながら、この事実は精神保健福祉士が一度免許を取得すれば、その後の努力が不要であるということを意味するものではありません。

すべての医療技術者がそうであるように、常に最新の知識や技術を身に付けていく姿勢を持つことが必要であるとされており、精神保健福祉士もその例外ではないのです。

更新制こそないものの精神保健分野の社会的な変化は、非常に目まぐるしいものが存在しており、精神保健福祉士の専門分野の一つである相談業務の中で取り扱われるテーマも年々多様化と深刻化が進んでいると言えます。

その様な問題に対応していくためには専門家として常に知識や技術を磨き続けていく姿勢が必要であり、更新制がないということに甘えていることは許されないと考えておかなければなりません。

いわゆる医療系の国家資格の中に更新制を採用している資格は存在していませんが、どの専門性を持つ分野であっても最新の知識や技術を求め続けていく姿勢は必須のものであり、専門家として必要最低限持っておかなければならない種類のものです。

まとめ

従って資格制度が一度取得すれば一生ものという仕組みになっていたとしても、その状況に甘えることなく学び続けていく姿勢を持っておくということが、とても重要であると考えられています。

実際にそのような姿勢が無ければ多様化する現代の精神保健分野の業務に対応することは難しいと言える特徴があるのです。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!