本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには

精神保健福祉士の仕事は一生の仕事になるのか

パソコンと椅子

精神保健福祉士の仕事の内容は精神科病院の入院患者の退院支援や外来患者の相談支援になります。精神科病院の入院患者や通院する患者がいなくなることはないので、常に必要とされることから、一生の仕事として働くことができます。

常に求められている

さらに、精神科病院の相談業務を行うには資格を持っていることが求められているのです 。なぜかというと、精神科病院の患者と接するときにコミュニケーション技術が必要だからです。

精神病を患っている人は、日々症状が変化します。その日調子が良くても、次会う時には症状が悪化しており、暴言や暴力を振るうこともあります。そのようなつもりがなくても、相手に勘違いをさせて症状を悪化させてしまうこともあり得ます。

精神保健福祉士の資格を取得するには、制度の知識のみならず精神病の特性に関する知識とコミュニケーション技術も学びます。病院としても専門的な知識を持っている精神保健福祉士所持者を求めているのです。



仕事内容

では、病院では具体的にどのような仕事をしているのかというとまず、入院患者の退院支援です。現在、精神科病院に長期入院していた人を退院するようにどの病院も取り組んでします。

生活保護や介護保険等使うことができる制度の利用申請を行うとともに、退院先を探します。さらに、親族との関係を確認し関係が悪化しているようであれば介入することもあります。

その人が無事に退院するとすぐに新しい人が入院してくるため、仕事が尽きるということはありません。外来患者の場合には、生活に困っていることがないか聞き取り使うことができる制度を紹介したり、一緒に問題解決を行います。

他にも、作業所と呼ばれる通所施設でも精神保健福祉士は求められています。そこでは、決まった人が利用していますが、その人の生活上の悩みを一緒に解決したり、他の施設に通いたいと希望があれば他の施設を探します。

就職したいとなれば、就職支援を行っている機関を紹介することも行います。 このように、精神保健福祉士は求められており、一生の仕事にすることが可能です。

女性も多い

また、精神保健福祉士の6割は女性であり、結婚・出産・育児をしながら仕事を続けている女性はたくさんいます。勤務先が病院等で雇用が安定しているので、福利厚生面でも働きやすい環境とえます。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!