本文へスキップ

精神保健福祉士の受験資格を取得できる通信制大学と養成施設。精神保健福祉士になるには?

医療機関での精神保健福祉士の仕事内容

クリニックの受付

精神保健福祉士は精神保健分野で活動をする福祉に関する専門職です。国家資格として名称独占の資格であり、医療機関などでも多く活躍しているという実績があります。

その仕事の活動内容は非常に多岐にわたりますが、福祉支援を目的とした相談活動が行われるケースが少なくありません。

一般の病院や福祉施設でもソーシャルワーカーと呼ばれる福祉の専門職が在籍していることもありますが、精神保健福祉士は精神保健分でで活躍する福祉職のことを意味する言葉です。

精神保健福祉士の仕事は医療現場に限定されるものではありませんが、その活躍の場の多くは精神医療分野に多く存在しているのは事実です。精神科の病院において社会復帰のためのサポートや、生活のための相談業務など様々な方向からの支援を行う活動を得意としています。


現代社会には困っている人を支えるための様々な社会福祉の仕組みが存在していますが、それらを知らなければ上手に利用数ることはできません。

精神保健福祉士の業務の中には相談相手が必要としている釈迦的なサポートと社会資源を上手に結び付けて生活を少しでも支援することが出来るように働きかけることにあるのです。

この様な知識を豊富に持ち、今目の前にいる人に必要な支援の手段を提案することが出来るのが精神保健福祉士の持つ専門性であり、期待されている部分であると言えます。

医療現場における精神保健福祉士の仕事には様々な種類が存在していますが、それらの中には保険診療の対象になる業務もあります。そのため病院では非常に活躍することのできる専門職としての立ち位置があります。

同じような職種には社会福祉士と呼ばれる広い意味での福祉職も存在していますが、精神疾患や精神障害の特殊性をよく理解し、その上で適切な支援の手を差し伸べることが出来る専門職であるという点において、精神保健分野専門の福祉士としてこれからも広く活躍することが期待されているのです。


精神保健福祉士になれる学校の費用を比較!